進むのがより適切で、これはすでにジーリン、スカンブル、北連邦の境界地帯です。自然に注意することを学ぶ。

4日目の午後4時ごろ、遠征隊が森に入り、広葉樹の落葉樹は大陸高速道路の中心から左右に20メートル離れており、樹高は通常約30メートルでした。太陽はもはや森の中に見えません。地図上にはもともと近隣にいくつかの村がありましたが、スカウトが駆けつけて何年も戦争を終えた後、これらの小さな村はすべて捨てられ、屋根のthatき屋根はすべて高くなっています。念のため、スウェンは村の既存の家を倒すように騎士に命じ、数百本の木を伐採し、村の外周にフェンスを建設しました。 。

夕食後、ベンジャミン教授は急いでドアを開けた。

この遠征では、チー?アオティアン、ク?ジアンホン、スー?ウェン、チン?ルオ、チャン?チンなどの上級士官のみが上級士官と呼ばれ、キャプテンの階級には複数の士官がいます。彼らは次々と昇進し、遠征の全盛期と比較する方法はありませんでした。

「今日はサンドボックスを持ってこなかったのですか?負けませんでしたね?」Qu Jianhongは2脚の椅子を平らに置き、4日間連続して平らに寝かせ、4日間連続で行進しました。最高の騎士でさえも耐えられませんでした。彼はDi Xinglongのハードサドルにすり減ってしまいました。

教授は1分間、Qu Jianhongをじっと見つめ、わずかにため息をつきました。「もちろんそうではありません。」

そして、教授とChi Aotianは、「少将、私はちょうど今3回連続で占いをしている。ある時、サンドボック西安夜生活论坛スでさえ不可解に地面に落ちました。まず森から撤退し、

マスターエイミーにさらに援軍を送るように頼むべきだと思いますか?「時間は人々を待っていない、私たちは救助しようとしている、遅れている、意味がない

」。「しかし」

「何も、人々は悪に恩恵を与え、回避することはできません。兵士も悪から恩恵を受けることができますか?」赤は彼の後に微笑んだ。

真の騎士は、いかなる力や運命にも妥協することはありません。これは騎士の精神の最も重要な本質です。

「唉」ベンジャミン教授は口を開けて何か言いたいと思った。ついに首を振ってため息をついた。「この場合、チー?アオティアン将軍は遠征隊に1年以上参加することで利益を得た。しかし、私たちは以前に雇用関係がなかったので、ここから高所であなたと一緒にいたいので、注意してください。」

その後、白髪の教授は彼のロー

達しました。

帝国内であろうと、その対戦相手の間であろうと、「プールの門は崩れず、帝国は死なない」ということわざがあります。これは、帝国にとってのカイ族の重要性を示しています。

しかし、リン?ユシャンとシャ?ルオを奇妙にしたのは、チー?ハンフェンが本当に現代の住宅所有者の雌犬であり、現代のプールの住宅所有者のチー?ダチェンが息子を2人しかおらず、伯爵の地位を持っているなら、彼は間違いなくホットな人でなければならないということです。なんで聞いてないの?

チー?ハンフェンは何人かを歩き回り、非常に奇妙な質問をしました。「まあ、私のかわいい緑の赤ちゃんはどうですか?抱きしめているようです。」

声は落ちず西安桑拿网、空を離れるか、空にとどまるかわからなかった。ChiHanfengがこれらのよく知られた重要でない言葉を「受け入れ」ていると聞いたとき、脳はすぐに酸素が不足し、中枢神経系を制御できなかった。背骨のけいれんの後、巨大な翼は猛烈に数回投げられ、すぐに空から落ちて、ただChi 西安夜生活网 Hanfengの足元に落ちました。

「誰?」チー?ハンフェンは反省する時間を持っていなかったので、数人の帝国将校が彼らを囲むために一致する剣を抜いた。

チー?ハンフェンは驚いたことにそれを見て、最終的に彼女の足がリュエルの小さな頭であることがわかりました。彼女は喜んでしゃがみこみ、リュエルの頭を押さえて誇張した声で窒息しました。あなたに会い、本当にあなたを抱きしめたい、あなたは飛ぶのだろうか?本当に?天皇皇帝はあなたに応えることができる、ルアー、泣かないで、このように泣かないで、あなたがここにいるの私のことを考えると、あなたはひそかに私に感謝している、私は知って

いる、「幽霊が知っている、この瞬間の勇気と無敵性で知られている神聖なドラゴンの本当の理由は本当に怖い」しかし、この理由はその後エイミーによって推測されただけでした。パーティーのルアーはその時に人間に変身できたかもしれませんが、彼は生死を認識しませんでした。あえて認めないでください。

ヒーローステージの第2章第4章Changfeng Aotian

死には名前がありますか?

過去にはなかったかもしれませんが、人間とドラゴンの神の組み合わせが歴史の舞台に足を踏み入れたため、死神には名前があります。

彼は世界の死神のスポークスマンである「黒顔のドラゴンキング」です。

彼が本当に「黒顔のドラゴンキング」として登場したときから、