要な点は、私の推論が正しければ、丸忠二郎氏が死ぬのを待ってから応接室を出ることです!

要な点は、私の推論が正しければ、丸忠二郎氏が死ぬのを待ってから応接室を出ることです!

あ?ほんと?マオリ、あなたはどんな証拠を持っていますか?警官が尋ねているのを見た。

コナンがドアを開けた:警官が見えた。シーンをよく見るとわかるだろう。シーンは実際に偽装されています。

丸之次郎氏は大量のアミノフィリン薬を使用しているため、突然の喘息の可能性は確実に減少します。現場では、地面から転がり落ちる喘息の噴霧器と、ティーテーブルのアミノフィリンタブレットがあります。奇妙ではないでしょうか。これは、薬物を過剰に投与する方向について慎重に考えさせようとする誰かのような

ものです。そしてこれができるのは、応接室で丸之次郎氏の死を見て、丸ノ氏氏の本当の死因の殺人者、つまり、今崩壊した医者と医者を知ることだけです。ピルライスの美人に変装!

コーナーでは、コナンの口調が一時停止しました。

そうです!殺人者はあなたです!!

门口那里,光着上本身的波多野几也确实已经崩溃掉了:不、不,其实、其实不是这样的!我、我根本没想过要杀掉丸传次郎先生,这一切都是丸稻子夫人让我做的

丸稻子夫人?目暮警官摆了摆手,让两位警察看住波多野,目光炯炯地看向丸稻子。

丸稻子又哭泣起来:你们、你们为什么要这样对我?为什么要诬陷我?我明明什么都没有做过

那边,波多野几也大声吼叫道:丸稻子,你这一切,明明都是你让我做的。今天中午,我们见面以后,你说今天是个好机会,所以

柯南拿着蝴蝶结:丸稻子夫人,你说我是诬陷你,那我倒是有一个问题要请教您了。你如果中午没有和波多野几也医生一起来到会客室这边的话,那你有在别的地方和波多野一声见过面吗?

没有,当然没有。丸稻子依旧哭泣着。

毛利大叔的声音继续问着:夫人,请您再认真地回想一下,真的没有吗?

绝对没有!我根本没有见过波多野医生!

哦?是吗?柜子后面,柯南小鬼嘴角露出一丝得意的笑容,那您能不能告诉我,波多野先生的身上,为什么会有和你身上一样的香水味道?这种香水,不是丸传次郎先生特地从国外买来的高级货,今天才到的吗?

丸稻子愣了一下,然后整个人都僵住了。

第九十三章 柯南又帮主角打补丁啦~

ps:弄了个书友群,群号:512240405,喜欢的本书的人加群啊,加群啊一起来水群啊水群啊啦啦啦

目暮警官皱了皱眉头,他也想起,之前丸稻子似乎确实说过,她身上的香水,是丸传次郎从国外买的高档货,今天才到。如果说,波